2013年11月26日

とうきびの効能


1.名前の由来

ポルトガル人によって日本に持ち込まれた「トウモロコシ」は、以前から中国より伝わっていた「モロコシ」という植物によく似ていたことから、「舶来」という意味をもつ「唐(トウ)」の文字をつけて「唐のモロコシ」、「トウモロコシ」と呼ばれるようになったそうです。



2.とうきびの効能

 とうもろこしは身体のエネルギーになる炭水化物を主に、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品です。

 リノール酸は、私たちの体内で合成することができない必須脂肪酸です。リノール酸には血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあり、高血圧や動脈硬化を抑制するため、生活習慣病の予防にも優れた効果があるといわれています。



3.とうきびの利用法

 トウモロコシの「ひげ(花柱)」には生薬としての作用があります。乾燥させたものは「南蛮毛(なんばんもう)」と呼ばれ、漢方のひとつとして重宝されています。南蛮毛はカリウムなどの成分を含んでいて、利尿作用があり、体内の余分な物質を体外へ排出するのを助ける効果があります。



posted by murataen at 17:30| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月19日

柿の葉の効能


柿は中国が原産の果物ですが、世界各地で栽培されています。日本でも古くから栽培されています。

1.名前の由来

 果実や紅葉したときの葉が鮮やかな赤をしていることから「赤木」と名付けられたという説があります。


2.柿の葉の効能

 柿の葉にはビタミンCが豊富含まれています。柿の葉を日陰で干してお茶にすると、すぐれた健康茶として利用できます。柿の葉茶は、ビタミンCの供給源として利用できるだけでなく、新陳代謝を活性化させてくれます。
また、動脈硬化の予防や高血圧症にも効果があり、利尿効果にも優れています。

柿の葉は、ノンカフェインで、緑茶の約20倍のビタミンCをはじめ、脂肪や油を分解し消化を助けるタンニンなどが含まれています。

 柿の葉には、次のような効果があります。
動脈硬化、血管障害、循環器改善、しみ、そばかす、日焼け止め、美白、便秘解消、加齢臭対策 (抗酸化作用)、貧血改善、糖尿病の予防


3.柿の葉の利用法
 
 柿の葉は、柿の葉すしや、柿の葉茶などに利用されています。
柿の葉茶はサッパリとした味わいで美味しく飲みやすいお茶です


posted by murataen at 17:15| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月11日

ドクダミの効能


 ドクダミは、北海道の南部から本州、四国まで日本全土のやや日陰地に自生しています。なので、一度は見たことがある方が多いと思います。

 
1.名前の由来

ドクダミは、毒を溜める、抑制する意で名づけられたと言われています。生薬名は、馬の病気に用いると十種類治せることから十薬、また重要な薬草の意で重薬の名がつけられています。

 

2.ドクダミの効能

 ドクダミには、次の効能があることがわかっています。
アレルギー性鼻炎、喘息(ゼンソク)、糖尿病、腎臓病、膀胱炎、整腸、胃腸病、胃痛、腹痛、便秘、下痢止め、婦人病、淋病、高血圧、神経痛、打ち身、二日酔い、皮膚病、水虫、たむし、あせも、ただれ、湿疹、吹き出物、破傷風、化膿止め、火傷(やけど)、解毒、風邪予防、癌予防、強壮、胆石症、蓄膿症、痔、動脈硬化、冷え性、かゆみ止め、熱冷ましなどです。



3.ドクダミの調理法

 ドクダミ茶は有名なので誰でも知っていると思いますが、ドクダミは、高熱で処理してやると、あの独特の臭みが消えるので、次のような調理法によって、美味しくいただくことができます。
◆若い芽の天ぷら
◆塩湯でゆでて、水でさらし、味噌とみりんで和える。

posted by murataen at 17:40| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月05日

天然由来の21種類の原料


 我々日本人は古来より、野草や穀物などの持っている良さを生活の中に取り入れてきました。近年、野草や穀物などの素晴らしさが見直され、健康食材として注目を集めています。村田園の大阿蘇万能茶は、野草や穀物など20種類もの天然由来の原料を使って作られています。

 ただ20種類の野草や穀物などブレンドすればよいというものではありません。村田園が長年の研究によって見つけ出した独自のブレンド法と製法によって、万能茶が生まれるのです。


 大阿蘇万能茶に使われている21種類の野草や穀物などの天然由来の原料は、次の通りです。

 どくだみ、柿の葉、とうきび、はと麦、熊笹、あまちゃ鶴、はぶ茶、
 甘草、大豆、田舎麦、桑の葉、构杞、びわの葉、甜茶、
 浜茶、ウーロン茶、霊芝、グァバ茶、プーアル茶、南天、かりん


 大阿蘇万能茶(粋)にはウーロン茶を除いた20種類の野草や穀物が配合されています。
 大阿蘇万能茶(選)には、霊芝、グァバ茶、プーアル茶、南天、かりんを除いた16種類の野草や穀物が配合されています。


posted by murataen at 16:54| 大阿蘇万能茶の基礎知識