2014年11月05日

ホメオスタシスとは?


 食事を改善してダイエットに役立てようという人は大勢いますが、脂肪がないメニューや、カロリーの少なすぎるメニューは、健康にマイナスなこともあります。体調を崩してしまっては、ダイエットの妨げにもなるので注意が必要です。


極端に栄養の偏った食事メニューは、一時的に体重が減ったとしても、健康を害する恐れがあります。ダイエットがうまくいかない理由が、極端に食事制限にあったという人もいます。うかつに分量を減らし過ぎるようなダイエットはやめましょう。



 ダイエットのために単品での食事に置き換えるという方法も、成功させることは難しいといいます。栄養の偏り具合を考えず、場当たり的に食事の量を減らしていると、リバウンドしやすくなります。せっかくがんばったのに、ダイエット前よりも体重が増えてしまうケースも多々あります。


いくらダイエットのためとはいえ、たんぱく質や脂質を減らし過ぎたり、カロリー摂取量の少ない食事を続けていると、体の具合を悪くしてしまうことは決して珍しくはありません。



 ダイエットのためにと食事量を減らし、少ないカロリーで生きていこうとしても、ホメオスタシスが働くことによってダイエット効果が思うように出なくなることもあります。ホメオスタシスは、体の生存能力のひとつで、遭難した時など食べることが出来なくなった場合に起こる現象です。


ダイエットのために食事を減らしたのに、問題が起きていると判断すると体はエネルギー消費を節約します。カロリーの消費スピードを抑えることで長く生きられるように工夫をします。ホメオスタシスが作用したために、カロリー摂取量は控えたのに、体重を減らすことができないということになりかねません。


ホメオスタシスが働いているうちは、ダイエットが思うように進まないだけでなく、リバウンドが発生しやすくなります。ダイエットの時のメニューを考えるならば、ホメオスタシスが働いて超低消費モードにならないように注意する必要があります。カロリー量を制限しながら、ビタミンやミネラル、脂質や糖質もしっかりと摂取することが、ダイエットメニューでは大切です。


posted by murataen at 16:49| ダイエットの知識