2013年11月05日

天然由来の21種類の原料


 我々日本人は古来より、野草や穀物などの持っている良さを生活の中に取り入れてきました。近年、野草や穀物などの素晴らしさが見直され、健康食材として注目を集めています。村田園の大阿蘇万能茶は、野草や穀物など20種類もの天然由来の原料を使って作られています。

 ただ20種類の野草や穀物などブレンドすればよいというものではありません。村田園が長年の研究によって見つけ出した独自のブレンド法と製法によって、万能茶が生まれるのです。


 大阿蘇万能茶に使われている21種類の野草や穀物などの天然由来の原料は、次の通りです。

 どくだみ、柿の葉、とうきび、はと麦、熊笹、あまちゃ鶴、はぶ茶、
 甘草、大豆、田舎麦、桑の葉、构杞、びわの葉、甜茶、
 浜茶、ウーロン茶、霊芝、グァバ茶、プーアル茶、南天、かりん


 大阿蘇万能茶(粋)にはウーロン茶を除いた20種類の野草や穀物が配合されています。
 大阿蘇万能茶(選)には、霊芝、グァバ茶、プーアル茶、南天、かりんを除いた16種類の野草や穀物が配合されています。


posted by murataen at 16:54| 大阿蘇万能茶の基礎知識