2013年11月19日

柿の葉の効能


柿は中国が原産の果物ですが、世界各地で栽培されています。日本でも古くから栽培されています。

1.名前の由来

 果実や紅葉したときの葉が鮮やかな赤をしていることから「赤木」と名付けられたという説があります。


2.柿の葉の効能

 柿の葉にはビタミンCが豊富含まれています。柿の葉を日陰で干してお茶にすると、すぐれた健康茶として利用できます。柿の葉茶は、ビタミンCの供給源として利用できるだけでなく、新陳代謝を活性化させてくれます。
また、動脈硬化の予防や高血圧症にも効果があり、利尿効果にも優れています。

柿の葉は、ノンカフェインで、緑茶の約20倍のビタミンCをはじめ、脂肪や油を分解し消化を助けるタンニンなどが含まれています。

 柿の葉には、次のような効果があります。
動脈硬化、血管障害、循環器改善、しみ、そばかす、日焼け止め、美白、便秘解消、加齢臭対策 (抗酸化作用)、貧血改善、糖尿病の予防


3.柿の葉の利用法
 
 柿の葉は、柿の葉すしや、柿の葉茶などに利用されています。
柿の葉茶はサッパリとした味わいで美味しく飲みやすいお茶です


posted by murataen at 17:15| 大阿蘇万能茶の基礎知識