2014年10月03日

びわの葉の効能


1.名前の由来

びわが「枇杷」と表されるようになったのは5〜6世紀頃のことで枇杷の栽培が盛んになった頃のことだそうです。枇杷の葉の形が楽器の「琵琶」に似ているために名付けられたと言われていますが、葉の形よりも実の形が「琵琶」に似ているからだと考えられます。


 調べてみると、植物の枇杷よりも楽器の琵琶の方が歴史が古いようですね。枇杷が栽培される前から楽器の琵琶は存在していたようですから。元々、楽器の琵琶も枇杷と表記されていたのが、琵琶に変わったということですから、なんだかよく分かりませんね。



2.びわの葉の効能

 びわの葉は古くからとても優れた薬効があることが知られていたようです。3千年前のインドの仏典の中に、びわは万病を治す植物として記載されているそうです。また、日本でも奈良時代に、びわの葉を使った治療をしていたそうです。歴史の重みを感じますね。最近、我々が使っている西洋の医薬品は、長くても高々100年ほどですから、その違いが分かります。歴史に裏付けられたものの強さだと思います。


びわの葉にはブドウ糖、蔗糖、果糖など、さまざまな成分を含んでいます。それらの中でもアミグダリンという物質が、びわの効能を特徴づける薬効成分です。アミグダリンは、実はガンに画期的な効果があるとして、国際的に脚光を浴びているビタミンB17のことなのです。
 

ビタミンB17は、細胞の中にまで浸透し、炎症や治したりガン細胞すらも退治するほどの力があるそうです。びわの葉の温灸療法を行うと、血行を促し血液を浄化してくれるそうです。ビタミンB17には酸性の血液を弱アルカリ性の血液に浄化してくれる働きがあるので、身体を健康にしてくれるそうです。



 びわというのは、凄い効能を持っているのですね。知らなかったですね。これからは、びわを食べたり、びわ茶を飲んだり、びわを摂りいれることを考えたいですね。


posted by murataen at 11:20| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年09月08日

枸杞の効能


1.名前の由来

枸杞というのは難しい感じですが「クコ」と読みます。クコは中国原産のナス科の落葉低木で、湿り気のある水辺の砂地で育ちます。日本、台湾、マレー半島など、アジア東部に広く分布しています。


 枸杞という名前は、「枸(カラタチ)のようなトゲがあり、杞(コリヤナギ)のように枝がしなやか」なことから枸杞と名付けられたと言われていますが、本当のところはよく分かりません。


クコは秋に先がとがった楕円形の真っ赤な実をつけます。これを乾燥させたものが枸杞子(クコシ)と呼ばれ漢方薬の原料として重宝されています。



2.枸杞の効能

 クコに、ポリフェノール、ビタミンC、そしてゼアキサンチンと呼ばれる色素成分をたくさん含んでいます。これらの成分は、強い抗酸化作用を持っていることで知られています。抗酸化作用というのは、活性酸素を取り除き、体の酸化を防いでくれる働きのことです。この抗酸化作用があることによって、紫外線や喫煙、さらにストレスなどから守ってくれます。さらに、病気や老化、肌トラブルなどの予防に効果があるそうです。


 クコに含まれるビタミンCは、コラーゲンの合成に必要成分で、血管や筋肉を丈夫にしてくれます。コラーゲンの合成ができることで、壊血病の予防や骨や肌などの強化につながるそうです。



 クコの果実を酒に漬けこんだクコ酒は有名です。ご家庭でクコ酒を作っている方も少なくありません。枸杞子は、肝臓に脂肪がたまるのを防いでくれるだけでなく、ホルモンの分泌を盛んにしてくれるので、老人病の妙薬とさえ言われています。


 クコはビタミンB1、B2、のほかにもルチンやベタインが豊富に含んでいます。ルチンは高血圧、頭痛、肩こりに効果があるそうです。 また、ベタインは肝臓に脂肪が溜まるのを抑制し、血液を酸性からアルカリ性に変える作用があるので、疲労回復に効果があるようです。


posted by murataen at 15:12| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年08月21日

桑の葉の効能


1.名前の由来

 桑は蚕のエサとして有名ですが、日本原産ではありません。中国北部から朝鮮半島が原産の落葉樹です。養蚕技術と一緒に日本に入ってきたようで、奈良時代には既に入っていたことは分かっています。「桑(くわ)」という名称は、日本書紀などの古い時代の資料に見受けられるそうです。


 名前の由来はよくわかってませんが、一説には、蚕の食う葉という意味だと言われています。蚕の幼虫は脱皮する時を除いて、ただひたすら桑の葉を食べ続けて成長し、桑の葉を噛む音は凄まじく、桑が食われるという意味だということです。



2.桑の葉の効能

 桑の葉は養蚕地を中心にお茶として飲む習慣が残っています。葉だけでなく枝や根の皮,桑の実なども漢方薬として古くから使われてきたようです。中国では、後漢時代に書かれた書物に桑の葉の薬効に関する記述があるそうです。日本でも鎌倉時代から薬草として用いられてきました。


 桑の葉にはビタミンC,B1,B2,A,亜鉛,鉄,マグネシウム,カルシウム,食物繊維,各種フラボノイド,カロテン,γアミノ酪酸などが含まれています。なかでもカルシウムは小松菜の1.5倍、鉄は小松菜の15倍、カロテンはほうれん草の10倍も含まれているそうで。


 桑の葉にはDNJ(R)(1-デオキシノジリマイシン)という成分が含まれいます。腸からの糖質の吸収をセーブする作用があります。そのため、ダイエットや生活習慣病、糖尿病の予防に効果があるようです。さらに、食物繊維が豊富なことから、便秘解消、肌荒れや肌トラブルの解消にも効果があります。また、桑の葉にはギャバが含まれているので、悪酔いや二日酔いの防止に良いそうです。


posted by murataen at 14:40| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年08月07日

大豆の効能


大豆と言葉を聞くと、すぐに思い出すのか節分の豆まきです。「鬼は外、福は内」と言いながら撒く豆が大豆です。大豆はにワン人の食生活には欠かすことができない食材です。どこの家庭で、醤油、豆腐、納豆、みそ、など必ず常備しているはずです。日本人の食生活に潤いを与えてくれるありがたい食材です。


大きな豆と書いて「だいず」と読みますが、なぜ大豆(だいず)とよばれるようになったのでしょう?
大豆よりも大きな豆はたくさんあるのに・・・。


大豆(だいず)は「大きい豆」という意味ではなく、「大いなる豆」という意味からきていると言われています。「大いなる」という言葉の意味は、りっぱな、あるいは偉大なという意味です。大豆(だいず)がこれほどまでに日本人の食生活になくてはならない存在になったことを考えると、まさに「大いなる豆」なのだと思います。豆の中の豆といっても言い過ぎではないですね。



2.大豆の効能

 大豆は「畑のお肉」「豆の王」と言われるように、タンパク質をたくさん含んでいる上に、アミノ酸の組み合わせが動物性蛋白質によく似ています。肉の代わりに食べてもいいくらいです。それだけではありません。脂肪もたくさん含まれていますが、コレステロールが少ないので安心です。その上、ビタミンB1、B2、Eなどが豊富で、カルシウム、カリウム、鉄分などのミネラルももたくさん含んだ、とても健康に良い栄養食品なのです。


大豆はコレステロールを下げてくれるリノール酸やサポニン、神経の発育を促すレシチンなどをたくさん含有していることから、肥満防止、肝臓病、動脈硬化、整腸、疲労回復、貧血、胃炎や胃潰瘍、そしてニキビや肌荒れに効果があると言われています。さらに、ダイエットやバストアップにも効果があるそうです。


posted by murataen at 14:52| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年07月04日

甘草の効能


1.名前の由来

 甘草は、中国北部、中央アジア、シベリア、ヨーロッパなどを産地とするマメ科の多年草です。ハーブの世界では、リコリスと言われていますが、実は漢方薬の7割以上に含まれている漢方薬には欠かせない薬草なのです。


甘草は砂糖の50倍〜80倍も甘みがあるので、その甘味が名前になったようです。砂糖よりも50倍以上も甘いのですから、まさに甘い草ですね。甘草は、その根を乾燥させたものを使用します。そのまま煮出して飲んだりします。あるいは、粉末にしたものを甘味料として使うことが多いようです。それたけ甘みのある薬草なので、古来から重宝されていたようです。

 
 
2.甘草の効能

 甘草は、中国では不老長寿の薬として資料に記載されるほど重要な漢方薬なのです。
甘草の主成分はグリチルリチン(甘味成分)です。グリチルリチンの構成成分であるグルクロン酸は解毒作用が強く。肝臓で有毒物質と結合し体外に排泄されやすくしてくれます。


また、甘草は漢方薬の副作用を抑えてくれる効能を持っています。そのため、漢方薬の協調作用を高めるために甘草が加えられているというわけです。甘草を配合することで強烈な作用を抑えてくれたり、刺激のある味をマイルドにしてくれるのです。この作用があるために、漢方薬の7割にも含まれることになったようです。


 その他には、その甘み故に、甘味料として使われます。醤油などに添加されています。人工甘味料を使うよりもて天然素材の甘味料が入っている方がいいですよね。


posted by murataen at 18:07| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年06月05日

はぶ茶の効能


はぶ茶というのは本来はハブソの種子を炒ったものなのですが、市販されているものはほとんどエビスグサ(夷草)を原料としています。エビスグサは熱帯地方に広く分布しているマメ科の一年草で、種子を決明子(けつめいし)といい、漢方の生薬として使用されています。エビスグサの成分がハブソウと同じで、効能もよく似ています。なので、エビス草もハブ茶として通るようです。


 はぶ茶は、あの強力なハブの毒にも効くと言われるくらい効能があることから、はぶ茶と呼ばれるようになったそうです。



2.はぶ茶の効能

 はぶ茶は昔から便秘や高血圧、そして胃腸病に効果があるとして用いられてきました。


 中国では決明子と呼ばれる漢方薬です。目に活力(明かり)を与えると伝えられ重宝されてきました。目の病気によく使われてきたのは、目に症状が出やすい肝臓の疲労を癒してくれる効能があるようです。眼精疲労の解消に効果があります。


 また、エビスグサにはアントラキノン誘導体ビタミンAなどが含まれているので、便秘解消や高血圧の改善に効果があります。整腸、利尿作用があるので、便秘に伴う肌荒れやにきびなどの肌のトラブルを解消してくれます。さらに、高血圧や肝臓病の予防、胃弱改善、二日酔い予防にも効果があるそうです。口内炎ができた時などに飲むと効果があるようです。



 はぶ茶はとても口当たりのよく、とても飲みやすいお茶なので、一度試してみると病み付きになり長く重宝される方が多いそうです。
 
posted by murataen at 16:35| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年05月19日

あまちゃづるの効能


1.名前の由来

あまちゃづるは多年生のつる草で、葉に甘みがります。日本や中国、東南アジアに広く分布しています。
あまちゃづるの名前は、葉にほんのり甘味があることから、あまちゃづると言われるようになったということのようです。

あまちゃづるは、実際には甘い葉と苦い葉があります。自生している土地によって甘くなったり苦くなったりするようです。



2.あまちゃづるの効能

あまちゃづるは、1977年に徳島文理大学の竹本教授が日本生薬学会で『薬用人参と同じ有効成分がある』という発表したことによって、それ以後健康食品として注目されるようになりました。それまでは、日本のどこにでも自生している、ただの雑草だと考えられていました。

 あまちゃづるは、朝鮮ニンジンと似たサポニンを含んでいます。70種類以上のサポニンを含有していることが分かっています。サポニンは、鎮静作用が高いので、ストレスの解消や緩和に効果があります。あまちゃづるの心を落ちつかせる効果は、ストレスが多い現代社会では、とても有効です。現代人にとって、とてもありがたい成分を含有していると言えそうです。

 また、あまちゃづるには、疲労回復、老化防止、ストレス解消だけでなく、糖尿病や高血圧などにも効果があり、内臓器官の働きを高めてくれることから、胃潰瘍などにも効果があると期待されています。

 朝鮮ニンジンは摂取する量によって、鎮静と興奮の両方の作用がありますが、あまちゃづるは中枢神経を鎮静させる作用しかありません。

 あまちゃづるは甘味があるので、子供でも飲みやすいので、家族で楽しめる健康食品だと思います。大阿蘇万能茶のように、他の茶葉にブレンドして飲めば、大量に摂取しすぎることもありませんし、とても健康に良い成分だと思います。


posted by murataen at 11:13| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年04月14日

くま笹の効能


1.名前の由来

くま笹は、高さが1〜2mもある大型の笹です。葉の長さは20cmを越えます。そして、葉の幅が4〜5cmで、葉に隈取りがあるのが特徴です。


くま笹は、冬になると葉の縁が白くなり、まるで隈取りしたような紋様になることから、「隈笹」と呼ばれるようになったと言われています。また、熊が冬眠する前や冬眠を終えた後に、胃腸の調子を整えるために良く食べることから、「熊笹」と呼ばれるようになったという説がありますが、「隈笹」が正式な名前のようです。なので、「熊笹」というのは俗称のようですね。



2.くま笹の効能

 くま笹は、日本でも万能薬として昔からよく使われています。特に、糖尿病、高血圧、胃潰瘍などに効果があることから、熊笹茶としてよく飲まれています。また、最近では青汁として飲まれるようになってきました。そして、くま笹を乾燥させたものが漢方薬の原料として使われているようです。


 くま笹には、鉄、カリウム、マグネシウム、カルシウムなどのミネラルや、ビタミンC・Kなどをたくさん含んでいます。ミネラル分も豊富なので、くま笹に含まれる成分を見ただけで、古くから万能薬として使われてきた理由がよく分かります。


 特に、くま笹に含まれているアラビノキシランという成分は、免疫力を上げる効果があるため、がんの予防やアトピーの改善に効果があると言われています。最近では、くま笹の抗がん作用が注目されているようです。


 その他に、コレステロールの低下、血栓の溶解、血圧降下、貧血改善、胃腸の強化、免疫増強など、多様な効能が認められ、健康茶の原料として利用されています。


posted by murataen at 13:33| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2014年03月10日

ハトムギの効能


1.名前の由来

日本では“鳩麦”と呼ばれていますが、殻をむいた子実の形が鳩に似ているから、あるいは、鳩の好物だから、呼ばれるようになったと言われています。

ハトムギの歴史は古く、インダス文明期に書かれた『リグ・ヴェーダ』にハトムギが出てくるそうです。紀元前1500年頃にはすでにインドでハトムギ栽培が広まっていたそうです。


2.ハトムギの効能

ハトムギは、他の穀物と比べると、タンパク質をたくさん含んでいます。また、アミノ酸のバランスもよいので、新陳代謝を増進させる効果があります。ビタミンB2、ビタミンB1、カルシウム、鉄、食物繊維なども多く含んでいます。

 ハトムギは、体の中の水分や血液の代謝を促してくれるので解毒効果があります。胃腸を整え、腎臓の働きを促し、水分代謝をよくしてくれるので、排尿がよく、むくみの解消にも効果があります。

 なんといってもハトムギは、薏苡仁(よくいにん)で知られるように、シミ、ソバカス、肌荒れの改善に効果があり、常食すると肌がなめらかになります。アトピー性皮膚炎に効果があると言われています。
 
その他に昔から、イボ取りの薬としても有名です。

posted by murataen at 16:03| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月26日

とうきびの効能


1.名前の由来

ポルトガル人によって日本に持ち込まれた「トウモロコシ」は、以前から中国より伝わっていた「モロコシ」という植物によく似ていたことから、「舶来」という意味をもつ「唐(トウ)」の文字をつけて「唐のモロコシ」、「トウモロコシ」と呼ばれるようになったそうです。



2.とうきびの効能

 とうもろこしは身体のエネルギーになる炭水化物を主に、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEなどのビタミン群、リノール酸、食物繊維、そしてカルシウム、マグネシウムなどの各種ミネラルをバランスよく含んでいる栄養豊富な食品です。とくに、食物繊維の量は他の野菜や穀類と比べても、多くふくまれている食品です。

 リノール酸は、私たちの体内で合成することができない必須脂肪酸です。リノール酸には血中コレステロール値や中性脂肪値を抑える働きがあり、高血圧や動脈硬化を抑制するため、生活習慣病の予防にも優れた効果があるといわれています。



3.とうきびの利用法

 トウモロコシの「ひげ(花柱)」には生薬としての作用があります。乾燥させたものは「南蛮毛(なんばんもう)」と呼ばれ、漢方のひとつとして重宝されています。南蛮毛はカリウムなどの成分を含んでいて、利尿作用があり、体内の余分な物質を体外へ排出するのを助ける効果があります。



posted by murataen at 17:30| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月19日

柿の葉の効能


柿は中国が原産の果物ですが、世界各地で栽培されています。日本でも古くから栽培されています。

1.名前の由来

 果実や紅葉したときの葉が鮮やかな赤をしていることから「赤木」と名付けられたという説があります。


2.柿の葉の効能

 柿の葉にはビタミンCが豊富含まれています。柿の葉を日陰で干してお茶にすると、すぐれた健康茶として利用できます。柿の葉茶は、ビタミンCの供給源として利用できるだけでなく、新陳代謝を活性化させてくれます。
また、動脈硬化の予防や高血圧症にも効果があり、利尿効果にも優れています。

柿の葉は、ノンカフェインで、緑茶の約20倍のビタミンCをはじめ、脂肪や油を分解し消化を助けるタンニンなどが含まれています。

 柿の葉には、次のような効果があります。
動脈硬化、血管障害、循環器改善、しみ、そばかす、日焼け止め、美白、便秘解消、加齢臭対策 (抗酸化作用)、貧血改善、糖尿病の予防


3.柿の葉の利用法
 
 柿の葉は、柿の葉すしや、柿の葉茶などに利用されています。
柿の葉茶はサッパリとした味わいで美味しく飲みやすいお茶です


posted by murataen at 17:15| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月11日

ドクダミの効能


 ドクダミは、北海道の南部から本州、四国まで日本全土のやや日陰地に自生しています。なので、一度は見たことがある方が多いと思います。

 
1.名前の由来

ドクダミは、毒を溜める、抑制する意で名づけられたと言われています。生薬名は、馬の病気に用いると十種類治せることから十薬、また重要な薬草の意で重薬の名がつけられています。

 

2.ドクダミの効能

 ドクダミには、次の効能があることがわかっています。
アレルギー性鼻炎、喘息(ゼンソク)、糖尿病、腎臓病、膀胱炎、整腸、胃腸病、胃痛、腹痛、便秘、下痢止め、婦人病、淋病、高血圧、神経痛、打ち身、二日酔い、皮膚病、水虫、たむし、あせも、ただれ、湿疹、吹き出物、破傷風、化膿止め、火傷(やけど)、解毒、風邪予防、癌予防、強壮、胆石症、蓄膿症、痔、動脈硬化、冷え性、かゆみ止め、熱冷ましなどです。



3.ドクダミの調理法

 ドクダミ茶は有名なので誰でも知っていると思いますが、ドクダミは、高熱で処理してやると、あの独特の臭みが消えるので、次のような調理法によって、美味しくいただくことができます。
◆若い芽の天ぷら
◆塩湯でゆでて、水でさらし、味噌とみりんで和える。

posted by murataen at 17:40| 大阿蘇万能茶の基礎知識

2013年11月05日

天然由来の21種類の原料


 我々日本人は古来より、野草や穀物などの持っている良さを生活の中に取り入れてきました。近年、野草や穀物などの素晴らしさが見直され、健康食材として注目を集めています。村田園の大阿蘇万能茶は、野草や穀物など20種類もの天然由来の原料を使って作られています。

 ただ20種類の野草や穀物などブレンドすればよいというものではありません。村田園が長年の研究によって見つけ出した独自のブレンド法と製法によって、万能茶が生まれるのです。


 大阿蘇万能茶に使われている21種類の野草や穀物などの天然由来の原料は、次の通りです。

 どくだみ、柿の葉、とうきび、はと麦、熊笹、あまちゃ鶴、はぶ茶、
 甘草、大豆、田舎麦、桑の葉、构杞、びわの葉、甜茶、
 浜茶、ウーロン茶、霊芝、グァバ茶、プーアル茶、南天、かりん


 大阿蘇万能茶(粋)にはウーロン茶を除いた20種類の野草や穀物が配合されています。
 大阿蘇万能茶(選)には、霊芝、グァバ茶、プーアル茶、南天、かりんを除いた16種類の野草や穀物が配合されています。


posted by murataen at 16:54| 大阿蘇万能茶の基礎知識