2016年03月24日

短期ダイエットのコツ


 ダイエットをする時に考えなければならないことは、リバウンドしないこと、そしてせっかく痩せることができたたとしても、その体重を維持するために、太りにくい体質に変えること、そしてスリムな体型を維持するための生活習慣を身に着ける事です。


短かい期間で一気に体重を減らすというのは、最も危険なダイエット法だと言えます。なぜかというと、短期間で急激に体重を減らしてしまうと、リバウンドしやすいからです。しかも急激に痩せると、人間が生きていく上で必要な栄養素が不足し体調が悪くなる危険性が高くなるからです。


なので、カロリー制限と運動とを組み合わせて徐々に痩せるというのが理想です。そうすれば、リバウンドする可能性もあまりないし、健康な体調を維持しながら痩せられるからです。


とはいっても、結婚式までに痩せなければならないとか、夏までにスリムになりたいというような切羽詰まった状況はよくあることです。本来ならば、そういう状況を予想して早めにダイエットに取り組む必要があるのですが、それでもダイエットしなければならないときは、どうすればいいのでしょうか。


早くダイエットを始めておけばよかったと後悔しても仕方がないので、ダイエットするしかありません。それにダイエットに失敗することもできない状況にあるわけですから、リバウンドの可能性や体調を崩したり、精神的なストレスがあることを覚悟して実行するしかありません。


追い詰められた状況でダイエットをすると、精神的なストレスが全く違います。心のケアを考えたスケジュールを作って実行しなければなりません。実践するための強い意志を持つとともに痩せた後にくるリバウンドや体調不良の対応まで考えておかなければなりません。


自分一人でダイエットしようと思ってもまず無理だと思います。こういう時には、やはりプロの手を借りることです。そうすれば、体調を崩したりリバウンドしたりする可能性も小さくなります。おまけに精神的なストレスも軽減できるはずです。


posted by murataen at 16:31| ダイエットの知識

2016年03月09日

ダイエットに使用する器具


 ダイエットをサポートするために、様々なダイエット器具が、売り出されているようです。大抵の場合、ダイエット器具を使った運動は、効果を期待することができます。


よく知られているダイエット器具には、バランスボールやダンベルがあります。ダイエット器具の口コミサイトで、ダイエット器具について調べてみると、これらの道具を購入してとてもよかったという人と、不満足だったという人とがいるようです。



 同じダイエット器具を使っても、効果のある人とない人がいるのはどうしてなのでしょうか。

使い方はだいたい同じようなはずなのに結果に差がでる理由な何なのでしょうか。典型的な理由としては、ダイエット器具の利用を中断した人と、使い続けている人との違いであると言われています。


もしもダイエット器具を利用したなら、すぐに痩せたいと感じる人はたくさんいます。けれども実際問題として、ダイエット器具を使っても一朝一夕で変化はあらわれません。購入したばかりの時はせっせとダイエット器具を利用しているけれど、目に見える効果が確認できない時期が続くと、やる気がなくなってしまうという人もいます。


継続してダイエット器具を使って活用できる人は、効果を得ることができるというのが正しい結論かもしれません。ダイエット器具を使いこなしたい人は継続することが大切だといえるでしょう。



posted by murataen at 11:25| ダイエットの知識

2016年02月15日

ウエストのダイエット


 ウエストを引き締めたい時に行うといいダイエット方法とは、どんなものでしょう。

ウエストダイエットのやり方は非常に簡単なので、方法さえ覚えれば、どんな人でも気軽に実践することができる方法といえます。重心が体の中心になるように、背筋を伸ばして立つことがウエストダイエットの基本です。


ダイエットの成功度を上げるためには、しっかりとした姿勢をとって、きちんと準備運動をしてから取り組むようにします。


ウエストダイエットに欠かせない腰の筋肉を鍛えるには、基本の姿勢が重要です。腰部分の筋肉をよく使えるエクササイズをすることで、ウエストダイエット効果を上手に引き出すことができると言われています。


エクササイズでウエストダイエットをしたいという時に、心がけたいこととは何でしょう。余分な力を入れずに運動をすることが大事です。リラックスして姿勢を正し、下腹部に力を入れて、よい姿勢になってお尻をしめましょう。


ウエストダイエットを成功させるためには、最初の姿勢が肝心です。それから、軽く全身運動をすることで、体の筋肉を温めていきます。全身の筋肉を動かしやすい状態にしてからエクササイズをしなければ、体に不要な力が入りやすくなったり、骨盤の歪みを引き起こしたりします。


上半身を軽く左右にひねることで腰の筋肉をほぐします。そして、膝も動かしやすいように曲げ伸ばしをします。腰を引き締めるために、ウエストダイエットに取り組む時には、事前に軽く体を動かし、筋肉を温めておくことと、姿勢を正すことが必要です。



posted by murataen at 16:28| ダイエットの知識

2016年02月08日

ウォーキングによるダイエット


運動をしない生活をしていて、体重が増す人もいるようです。仕事や家事など、日々の作業に追われていると、なかなか運動をする時間がとれません。満足に運動をする機会が得られずにいると、体内に取り入れたカロリーを使う機会がないまに、体脂肪がどんどん多くなり体重がふえていくでしょう。


ウォーキングは、特段テクニックや用具がなくても、誰にでも気軽にできますので、ダイエットにはぴったりの運動です。軽い気持ちで始められることが、ウォーキングの利点です。気軽に、ちょっとだけ歩いてみるといいでしょう。


運動神経に自信がないという人でも、持久力がない人でも、ウォーキングならば簡単にできて、自分のペースで計画を立てることができます。体重が減った、減らないに振り回されないようにして、毎日少しずつ歩いて、運動不足を改善することを第一に考えてみるといいかもしれません。


ダイエット効果のことしか考えずにウォーキングをしていると、結果が期待したほど出ないことに疲れてしまうことがあります。この頃は、1日ごとに歩いた歩数を記録すると、見やすくグラフにしてくれるような、ダイエット支援を目的にしたスマホのアプリもあります。


きつく感じないペースや距離でのウォーキングを、開始直後は心がけます。少しずつ運動量を増やし、1qくらいは歩くようにします。ダイエットによく、健康にもいいウォーキングをするためには、歩くことを習慣にして、継続的に取り組めるようにすることです。


ダイエットのためにウォーキングをすることで、体力がつき、健康状態がよくなって、美容やシェイプアップの他にもいいことがたくさん得られます。


posted by murataen at 10:39| ダイエットの知識

2016年01月27日

ストレッチと運動


 ダイエットに熱心になるあまり、食べる量を少なくしすぎたり、運動をしすぎることがあります。度々の身体不良が原因でダイエットに復帰するのがつらくなり、元通りの生活に戻ってしまってダイエットに失敗する人もいます。


ダイエットのために運動に取り組んでいたけれど、無理がたたって故障箇所でできてしまい、回復するまで運動ができずに太ってしまった人もいます。日頃の運動量が足りていなかったために、体重が多くなった以外にも、健康状態の悪化を招いたという方もいます。


体を動かす頻度が少ないと感じていても、なかなか運動をするための時間が確保できない方もいます。ダイエットや健康のために運動の必要性を感じている人は、ストレッチをしてみるといいかもしれません。

技術や運動能力がなくても、ストレッチなら簡単にできますので、ダイエットに興味があるという人にはおすすめです。運動前にストレッチをすれば、体が温まってよく動くようになり、よりダイエット効果の高い運動をすることができるでしょう。


ダイエットの成功率をより高めるために、メインの方法と併用する形でストレッチを用いるようにするといいでしょう。ダイエットを達成するためには、ストレッチを運動の中に組み合わせることがポイントになります。


ストレッチを組み入れることで、体にいいダイエットを続けることができます。ストレッチは、ダイエットのために軽い運動にチャレンジしたいという人や、健康のために少しは体を動かしておきたいという人にはぴったりです。


posted by murataen at 16:34| ダイエットの知識

2015年12月24日

簡単にできるウェストのダイエット


 世の中には色々なダイエット方法がありますが、中でもすぐに取り組める手軽な方法にウェストダイエットがあります。今回紹介したいダイエット方法は、誰でもすぐ簡単に出来るお腹を気がついた時にひっこめるだけの方法です。


ウェストダイエットでは、1回に40秒、下腹部に力を入れてお腹を引っ込めておきます。デスクワークに励んでいる時、エレベーターの中、電車での移動中など、時間を問わずに都合のいいときにすることができます。


思い出した時に何度でもお腹を引き締めていくことで、ウエストのダイエット効果が感じられるようになるといいます。ウェストのダイエットは、腰をひねる運動をすることによってもできるといいます。

足を開いて立ち、手を前方に伸ばして両手を重ねた状態で、息をゆっくりと吐き出しながら上半身をねじります。上半身をねじったら40秒ほどキープします。左右とも同じ回数だけ行います。だいたい10回ほどが良いと思います。


運動の内容としては軽いものですが、普通に生活をしていればとらない姿勢であり、ダイエットに効果的です。高いダイエットグッズを使ったり、ダイエットジムに行くというやり方もありますが、毎日の心がけの中で可能なダイエットも存在です。


気軽にできて、場所や時間の制約が少ないダイエット方法なら、思い立った時にすぐにでもトライできます。スタートしたばかりのころは、1回ごとの運動回数か少なくとも構いません。


コツコツと続ける習慣をつくることが、何よりも大事です。



posted by murataen at 10:04| ダイエットの知識

2015年10月06日

痩せるには食事と運動が大切


 痩せるには、食事のほかに、運動をすることもポイントです。食事による摂取カロリーを減らして、運動による消費カロリーを増やすことが痩せるための基本です。


運動は大きく分けると無酸素運動と有酸素運動の2種類があります。筋肉に一瞬の負荷をかけることで行う腕立て伏せや、腹筋運動は、無酸素運動です。汗をかくための運動にはなりません。


ランニング、ジョギング、水泳のような、呼吸をしながら継続的に体を使う運動が有酸素運動です。汗をかきながら体を動かす運動ですが、運動強度は会話ができるくらいの軽度なものです。体脂肪をエネルギーとして燃焼することができることから、有酸素運動は痩せる効果がある運動だといえます。


基礎代謝をアップするためには筋肉量が多いほうがいいといいますが、痩せるにはそれだけでは足りません。痩せるには、適度な有酸素運動をして、汗をたくさんかけるようにすることです。


とくに女性の場合は筋肉をつけすぎると女性らしい体型を保つことができませんので、あまりおすすめできません。プロポーションを整えられるようなダイエットをしたいという人は、有酸素運動をして体を引き締めるといいでしょう。


有酸素運動によって体脂肪を燃焼させるには、運動をしてから15分くらいかかります。大体30分から1時間の有酸素運動を継続して行うことで、痩せる効果がアップします。1時間くらい続けることができるような運動強度の軽い有酸素運動をしてみてください。


運動で痩せるには、自分でもできそうな軽い有酸素運動を続けらルような習慣をつけることです。



posted by murataen at 15:07| ダイエットの知識

2015年09月23日

デトックスダイエット


 体の中に溜め込まれている不要な老廃物を体外に出すことで代謝を促進するデトックスダイエットが注目を集めています。デトックスダイエットでは身体の中にある不要なもの、ゴミを出して体内をキレイして痩せることができます。


健康にいいダイエットをしたい人は、解毒効果があるデトックスをするといいでしょう。体内に蓄積されている有毒物質とは、具体的にはダイオキシンや体に有害な金属、食品添加物などが該当しています。


デトックスダイエットの方法はシンプルで簡単なものが多いので、解毒作用という言葉から連想する難しい要素はありません。普段の環境や、食べているものにもよりますが、息をしたり、食事をしたりする過程で、不要な成分は体内に入ってきます。


ダイエットの中でも、デトックスは体の中に残っているいらない成分を積極的に追い出してくれるため、体調改善や、お肌をきれいにする作用があります。体調が優れないけれども原因がはっきりしない人の場合は、有害物質が体に溜まっている可能性が考えられます。


代謝が悪く、老廃物が体内に留まりやすい人としては、喫煙の習慣がある人、水を日中飲まない人、体を動かす機会がないという人のことです。有害な成分がいつまでも体の中に残っていると、手足のむくみがひどくなり、肌トラブルや四肢のむくみなどの症状が出やすくなります。


ダイエットにデトックスを利用することで、体の状態がよくなったり、お肌が美しくなったりということが、期待できるといいます。


今、多くの人がデトックスでのダイエットをしているのは、ダイエットばかりでなく、健康によく、美容にもいいという点が大きいでしょう。


posted by murataen at 09:36| ダイエットの知識

2015年08月21日

痩せる食事方法


 極端な食事制限によるダイエットをする人もいますが、痩せるために食事の摂取量を少なくするという方法は体によくありません。しっかりと食事を摂りながら痩せるためには食事内容だけではなく食事の方法も工夫する必要があります。


痩せるには、食事によるカロリー量だけでなく、食べ方を工夫することも、必要なことだと言われています。早食いは、ダイエットの大敵です。満腹するまで早食いをするという人は、肥満になる可能性が3倍に跳ね上がるといいます。


食べる早さとは、日々の習慣で決まります。習慣を変えるよう、意識して食べるスピードを落とすことで、だんだんと遅くなります。早食いの習慣がつきやすい人とは、麺類や丼もの、カレーなどの一品料理をよく食べる人、家族がみんな早食いの人、いつも1人で食事をしている人があてはまります。


小鉢やサラダを食事メニューに加えて品目を増やし、野菜も加えてしっかり噛んで食べるようにすることで、早食いの習慣が減っていき、時間をかけて食事を楽しむことができるようになります。

忙しい人はとくに仕事の合間に急いで食事を摂ることが多いようですが、痩せるためにはある程度食事を摂る時間を確保するように工夫しましょう。


野菜が欠乏している人の場合、食事メニューを確認すると肉や油ものに偏っている傾向があります。食物繊維が豊富な野菜をしっかり食べることによって、食事から摂取する野菜の量を多くすることができるようになります。


痩せるためのよりよい食事習慣を見につけるために、食事の仕方を少しずつ変えていきましょう。痩せるための食事をするためには、日々の食事内容を間食も含めて見直しましょう。


脂質や糖質を摂り過ぎていたら減らし、食物繊維やビタミン、ミネラルの多いものを食べることです。



posted by murataen at 11:23| ダイエットの知識

2015年08月06日

痩せられない理由


 ダイエットに取り組む人の中には、どうしても痩せたいと頑張っても結果が出ないという方がいます。一体何故、どうしても痩せたいにもかかわらず、ダイエットができないのでしょう。


マスコミの情報に右往左往している人は、どうしても痩せたいと思っていてもなかなか痩せられません。テレビなどで紹介されている多くのダイエットは、ダイエットの近道や、裏技など、本来のやり方でないものが多いといいます。


多くのメディアの情報は効果がないか、あったとしても短期間でリバウンドしやすいものばかりなのです。どうしても痩せたいのに痩せられない人の多くは不定期な運動で運動をやった気になっている人も多いといいます。


一見すると体を動かしているように見えて、トータルの運動量は全く足りていません。週何回と回数を決めて、コツコツと運動を続けることが大事です。


食事から摂取する栄養と、カロリーとがどう異なるか知らないために、どうしても痩せたいけれど痩せられない人もいます。栄養豊富なことと、カロリーが高いことはイコールではありません。


ファーストフード店のメニューは、高カロリーで栄養が低い傾向があるといいます。栄養は多く、カロリーが少ない食べ物が、どうしても痩せたい時の食事には、ぴったりであると言われています。


どうしても痩せたい人は生活習慣を見直すことも必要です。痩せられない人の多くは働きすぎだといいます。どうしても痩せたいという人は睡眠時間をきちんと確保することも必要です。



posted by murataen at 09:46| ダイエットの知識

2015年07月21日

脂肪燃焼スープダイエット


 スープを飲んで脂肪燃焼効果を促し、ダイエットを行う場合には、スープをつくる必要があります。玉ねぎ、キャベツ、パプリカ、セロリを切って鍋に入れ、水とトマトの水煮缶、コンソメスープの素を入れて、コトコト煮ます。


このスープを1週間のダイエット予定表にあわせて飲むだけの簡単なダイエット方法です。食事の内容は脂肪燃焼スープと野菜もしくはフルーツなどのカロリー量の少ない食品を食べるようにします。


フルーツと果物は、大抵がどちらか片方です。また、ダイエット期間の一週間の中で、たんぱく質の補給のため肉が食べられる時が2度あります。また、週に1回は炭水化物を摂取するために玄米をメニューに加えます。


ダイエット方法のバリエーションの中には、ジャガイモを用いるというものも存在します。ダイエットのために脂肪燃焼スープメニューを使っている時は、お酒は全く飲めません。揚げ物や小麦粉を使ったメニューも禁止されていますので、天ぷらやから揚げ、パスタやうどん、ラーメン等は食べることができません。


脂肪燃焼スープを飲む事で、脂肪の燃焼を促し、体に溜まった老廃物を出してくれる効果があります。果汁飲料や、お茶など、糖分を含まない飲み物に限り、脂肪燃焼スープダイエット中は飲めます。


ダイエット期間中は、食べる事ができる物がかなり限られているので、食べることが好きな人はストレスがたまるかも知れません。


posted by murataen at 17:31| ダイエットの知識

2015年07月14日

ウォーキングダイエット


 ダイエットのためにウォーキングを行う人は大勢いますが、ウォーキングの利点とはどこにあるのでしょう。


ダイエットを成功させたいという場合、おすすめの方法としては、ランニング、ジョギング、水泳等があります。ダイエットに役立つ運動の中で、誰でも気軽に始めれるのが、ウォーキングダイエットです。


ウォーキングダイエットは特別な道具や場所もいりませんし、肥満傾向にある人や極度の運動不足の人でも体に負担をかけることなく始めることができます。赤ちゃんが生まれたすぐ後のダイエットでも、ウォーキングはいい方法だといえます。


靴さえあれば、今日にでも始めることができるので、忙しい人でも老若男女問わずに手軽に始めることができる運動がウォーキングです。たくさんの人がウォーキングをしているのは、肥満を未然に防ぐためにも効果があるとされているためです。


体脂肪をエネルギーとして使ってしまうには、ウォーキングなどの有酸素運動が効果的です。ジョギングやランニングに比べると消費カロリーは少ないですが、簡単で長く続けやすいのでかえってダイエット効果を得やすいのではないでしょうか。


ダイエットだけではなく、ウォーキングをすることによって動脈硬化を防いだり筋力を維持できるので、老化防止も期待できます。体を動かすことは頭をすっきりさせ、ストレスを解消する作用もあるといいますので、ダイエット中のいらつきも軽くなるのではないでしょうか。


さまざまなメリットがあるウォーキングダイエットにぜひ取り組んでみましょう。



posted by murataen at 11:41| ダイエットの知識

2015年06月10日

しそ酢ダイエット


 しそ酢を飲んでダイエットに役立てているという人がいますが、しそ酢で健康に配慮したダイエットを成功させるコツは何てしょうか。


胃への刺激を軽減するためにも、しそ酢ダイエットでしそ酢を飲む場合は、空腹時にしそ酢を飲まないようにすることです。しそ酢を濃い状態で空腹のときに飲むと、下痢を起こしやすいといいます。


結果的に胃腸に悪い影響を与えてしまうことになるので、無理をしない程度に飲むようにしょう。最初は、しそ酢を水で薄めてから、飲むようにするのもおすすめの方法です。



 しそ酢ダイエット自体は、食事の後にしそ酢を摂取するというシンプルな方法ですが、メインのダイエットの効果を助けるというくらいの役割です。


効果的にダイエットをするためには、適度な運動を取り入れることも大切です。ヨガ、ウォーキング、水泳といった適度な運動をすることで、体の中の脂肪を燃やしやすくすることができます。


一週間に2、3回の運動を習慣づけることによって、しそ酢の効果と合わさって、ダイエットをすることが可能です。いきなり激しい運動をするのは、体をこわしてしまう可能性があるので、あまりおすすめできません。体に負担のかからない程度の軽い運動を毎日続けることがポイントです。


 しそ酢を飲みながら、食事も見直すことができれば、さらに健康的にダイエットを進められます。ダイエットをするからには、しそ酢を飲むだけでなく、間食の取り過ぎや、食べ過ぎには注意しましょう。


しそ酢で脂肪燃焼させながら、運動と食事のコントロールをすることで、よりダイエットを成功させることができるようになります。


posted by murataen at 16:54| ダイエットの知識

2015年04月22日

野菜スープダイエット


 ダイエット用のレシピには、野菜を多く使うことが基本です。野菜を多く使えばカロリーも控えめになり、ビタミンやミネラルなどの体にいい栄養も摂取できます。


ダイエットレシピに適した食材としては、たまねぎ、きゅうり、キャベツなどが挙げられます。冷蔵庫に切らさずストックしておくと、サラダに、煮物にと活躍します。


かぶ、ズッキーニ、もやし、アスパラ、モロヘイヤなど、カロリーの低い野菜はたくさんあります。これらを活用して、ダイエットによいレシピをつくっていくといいでしょう。



 低カロリーの野菜でも、料理の方法によっては高カロリーのメニューになります。特に油脂を使ったレシピには注意してください。天ぷらや炒め物には要注意です。炒め物の場合は、フッ素樹脂を使って油控えめで調理をすることがおすすめです。


野菜多めのメニューにすることが、特定の野菜が食べられないというものがなければ、ダイエットに向いています。



 ダイエットに野菜がいいといっても、野菜だけを食べていては不足する栄養素もありますので、全体の栄養バランスも気を配ることです。野菜メインの食卓は、ダイエット効果ばかりでなく、腸内環境の改善や、高血圧の予防、代謝をよくする作用などがあります。


手始めに、冷蔵庫にある野菜を一口大に切り、鍋に投入してひたひたの水で煮込むスープをつくれば、ダイエットレシピになります。


posted by murataen at 15:07| ダイエットの知識

2015年03月13日

炭水化物ダイエット


 炭水化物ダイエットは、3回の食事のうち1回のメニュー内容を見直すだけの簡単な方法なので、誰でもすぐに実行できるだけでなく、ダイエット効果も早く現れるダイエット方法になります。


効果がすぐに出やすいダイエット方法である為、人によっては、さらに効果を上げる為に極端なダイエットにしてしまうこともあるようです。


適量の炭水化物を摂取しなければ、人の体は正常に機能させられません。ダイエットのためにと炭水化物を減らしすぎると、トラブルが起きる可能性があります。



 炭水化物は、身体機能を維持するために必要なエネルギー源となります。疲れやすくなったり、集中かできなくなったり、頭の回転が遅くなったりといった身体症状が、炭水化物が足りなくなると起きやすくなります。


そのため、炭水化物ダイエットだからと、炭水化物を全く摂取しない食生活をしていては、体によくありません。



 炭水化物を減らして、他の栄養素が増える状態が続くので、脂質の割合が高くなりやすいのも、炭水化物ダイエットの特徴です。脂質が多くなりすぎると、血液がどろどろになって動脈硬化などを引き起こす可能性もあります。


ダイエットのあめにはある程度炭水化物を減らすことが有用ですが、身体機能を保つことを考えるなら、一定の炭水化物は摂取しましょう。



 健康のために体が求めている栄養成分は、ダイエットをしている時でも確保すべきです。体重を減らすためには炭水化物ダイエットはとても有効な方法ですが、やりすぎると骨密度が下がり、骨粗鬆症になることがありますので、要注意です。


炭水化物ダイエットをする時には、健康を阻害するようなことにはならないようにすることが大事です。



posted by murataen at 10:43| ダイエットの知識

2015年02月03日

白湯で簡単ダイエット


 白湯を飲むダイエットは、簡単に体重を減らしたいという人にとって、とても嬉しいダイエットです。女性にとって、白湯でのダイエットは、とてもいい効果が期待できるといいます。


方法はいたって簡単で、コップ1杯の40〜50度のお湯を朝起きてすぐゆっくりと10分かけて飲むというものです。熱いお湯を時間をかけて飲むのが、ポイントです。


朝起きたときだけではなく、寝る前やお風呂の前に飲むのも良いといいます。白湯ダイエットのいいところは、費用がかからないことですが、効果はどの程度なのでしょう。


暖かいお湯を飲むことで、体が温まります。体を温めると便秘解消に効果があります。血管の流れがスムーズになることから、代謝のいい体になってダイエット効率が上がります。白湯を摂取し体温が上がれば、それだけ冷えに悩まされずに眠ることが可能です。


上質な睡眠がとれれば、ダイエットはそれだけうまくいきます。さらに白湯を飲むときに生姜の絞り汁を入れると、血の巡りを良くし殺菌作用があります。胃腸整腸作用や発汗作用もあるので、生姜を入れるのはおすすめです。白湯を飲む際に、たまに生姜を足すことで、より効果がアップするでしょう。



 非常に簡単にできる白湯ダイエットに、是非取り組んでみてはいかがでしょうか。



posted by murataen at 10:23| ダイエットの知識

2015年01月13日

痩せるには生活習慣の改善が大切!


絶対に痩せたいと考えるならは、健康的で、規則正しい生活を送ることもポイントですので、自分の生活習慣を一度振り返ってみてください。どのようなことに配慮して、生活をすることが、ダイエットの成功に結びつくのでしょう。



 絶対に痩せたい人が、やってはいけないのが夜更かしです。夜更かしが習慣化していて夜遅くについついつまみ食いをしてしまう人は、ダイエットをすることは不可能です。寝る前に摂取したカロリーは、使い切れないまま寝てしまいます。そして、寝ている間に脂肪になります。


絶対に痩せたいのであれば、夜早く寝て少しでも早く起きることを心がけましょう。昼前までの活動で、人の体はエネルギーをよく消費しています。


夜更かしや、遅い夕食をとっていると、朝はお腹がすかないことがあります。夜遅くまで食べていると起き抜けは食事が摂れず、昼以降消費カロリーが落ちてくる時間にお腹が空いて、食べてしまうという悪循環に陥ることになります。



 絶対痩せたいのであれば、早寝早起きを毎日実践しましょう。カロリーの高すぎる食事ならないように、外食は控えめにして、普段は家でつくった食事をとりましょう。絶対に痩せたい人は、食べたら動くことを毎日の習慣にすることをおすすめします。


posted by murataen at 11:01| ダイエットの知識

2014年12月09日

デトックスダイエットとは?


 デトックスダイエットという、水を飲んで体重を減らすというダイエット方法がありますが、効果はどの程度でしょう。


デトックスのために水を飲むというのは、単純に飲みさえすればいいというものではなく、一定のルールがあります。私たちが生きていくために欠かせないのが水ですが、ミネラルウォーターや水道水など、さまざまな水ががあります。


デトックスダイエットには、ミネラルウォーターが適しています。ミネラルウォーターの中でも、デトックスダイエットには、特にカルシウムイオンやマグネシウムイオンが多く含まれている軟水のものがおすすめです。



 カルシウムイオンやマグネシウムイオンには、体の中の有害金属を取り除いてくれる効果があります。軟水を摂取し、カルシウムイオンや、マグネシウムイオンを取り入れると、人体にはメリットが多くあります。炭水化物や脂肪が燃えやすくなったり、肌の調子を整える効果があるなどで、ミネラルウォーターはとてもいいものなのです。


毎日1.5リットルは水を飲むようにすることで、ミネラルウォーターを用いた効果的なデトックスダイエットが実行できます。


一度に、すべての水を飲もうと、無理をしないことがポイントです。お腹を壊したり、腎臓に大きな負担をかけてしまいます。コップ一杯の水を、9から10回くらいに分けて、飲むのが正しい方法です。

デトックスダイエットで、水を飲む場合には、冷たい水ではなく常温の水を飲むことも大切です。朝食前に一杯、運動をした後に一杯、お風呂を終えて一杯などの飲み方がいいようです。水の飲み方一つで、効果的なデトックスダイエットをすることが可能です。


posted by murataen at 10:42| ダイエットの知識

2014年11月05日

ホメオスタシスとは?


 食事を改善してダイエットに役立てようという人は大勢いますが、脂肪がないメニューや、カロリーの少なすぎるメニューは、健康にマイナスなこともあります。体調を崩してしまっては、ダイエットの妨げにもなるので注意が必要です。


極端に栄養の偏った食事メニューは、一時的に体重が減ったとしても、健康を害する恐れがあります。ダイエットがうまくいかない理由が、極端に食事制限にあったという人もいます。うかつに分量を減らし過ぎるようなダイエットはやめましょう。



 ダイエットのために単品での食事に置き換えるという方法も、成功させることは難しいといいます。栄養の偏り具合を考えず、場当たり的に食事の量を減らしていると、リバウンドしやすくなります。せっかくがんばったのに、ダイエット前よりも体重が増えてしまうケースも多々あります。


いくらダイエットのためとはいえ、たんぱく質や脂質を減らし過ぎたり、カロリー摂取量の少ない食事を続けていると、体の具合を悪くしてしまうことは決して珍しくはありません。



 ダイエットのためにと食事量を減らし、少ないカロリーで生きていこうとしても、ホメオスタシスが働くことによってダイエット効果が思うように出なくなることもあります。ホメオスタシスは、体の生存能力のひとつで、遭難した時など食べることが出来なくなった場合に起こる現象です。


ダイエットのために食事を減らしたのに、問題が起きていると判断すると体はエネルギー消費を節約します。カロリーの消費スピードを抑えることで長く生きられるように工夫をします。ホメオスタシスが作用したために、カロリー摂取量は控えたのに、体重を減らすことができないということになりかねません。


ホメオスタシスが働いているうちは、ダイエットが思うように進まないだけでなく、リバウンドが発生しやすくなります。ダイエットの時のメニューを考えるならば、ホメオスタシスが働いて超低消費モードにならないように注意する必要があります。カロリー量を制限しながら、ビタミンやミネラル、脂質や糖質もしっかりと摂取することが、ダイエットメニューでは大切です。


posted by murataen at 16:49| ダイエットの知識